On My Way ~社団戦3日目 対局後記 - タナカ

第29回社団戦3日目。

平成最後の社団戦になる今シーズン。
まだブログに振り返りを残していなかったので、この辺りで足跡を残しておこうかな、と。

すでに他のメンバーが記している通り、今シーズンは「ねこまど」、「ねこまどタマ」の2チームが7部リーグへ参加。
自分は「ねこまど」のメンバーとして出場している。


  • 第一局 「将棋の森」

第一局は後手。自分の角交換四間飛車に相手が居飛車の対抗型に。
桂馬を差し出す代わりに飛車先を突破し、優勢に。
最後はきれいな決め方があったかもしれないけれど、辛く指しきり勝利。
チームも5勝2敗で勝利し、幸先の良いスタート。


  • 第二局 「大野教室2」

自分の先手、角交換四間飛車に相手が居飛車の対抗型に。
最初に結果を書いておくと、結果は自分の負け。
ジリジリと差を付けられ、良いところなく終局してしまった。
まず最初の悪手は41手目。相手が△4三金右と囲いを強化した後の一手がよろしくなかった模様。
▲7七角と打った。



角のラインに王様を捉えてそこから攻めていきたい構想だったのだが、ここでは▲2六歩と玉の懐を広げる方が良かったらしい。
そこから△8一飛とするようなら、▲5五銀、△5四歩、▲4四銀、△同金、▲6二角 のような手順があるようだ。

そして2回目の悪手は79手目。△4五歩と伸ばしてきたところ。
▲7七角と上がった。



前の悪手と同じで角のラインに王様を捉えたかった。しかもこの角は働かすことができていなかったし。
しかしここでは、▲4二銀と相手の囲いに絡みつくのが良かった。
▲4二銀、△同金、▲同馬、△5五桂、▲4四銀 のように進めば、確かに。
なんだか指せそうな気がする。
見えなかったなあ。

自分は負けたけれども、チームは5勝2敗で勝利し2連勝。



  • 第三局 「幕張本郷4」

自分は抜け番。棋譜係。
棋譜をとっている方が手が見えたりして、自分が指しているときとはまた違った緊張感、ドキドキが味わえる。
チームはまたも5勝2敗で勝利。これで3連勝!



  • 第四局 「石神井将棋教室」

自分の先手。この日3度目となる角交換四間飛車と居飛車の対抗型。
結果は負け。

この対局、最初の疑問手は△6六角成と馬を作られたあとの53手目▲5四歩。



ここではまず、▲6四歩と打つべきだった。
▲6四歩、△7三銀、▲5四歩、△同歩、▲同銀 のような手順のほうが良かった模様。
本譜は▲5四歩に△同銀と応じてくれたが、▲5四歩、△6五馬、▲5三歩成、△5五桂と進むと先手が困るようだ。

そして次。△6五馬のあとの悪手が決定打。
▲5四歩。



またまた同じ手が悪手になるという。
ここでは▲5六角と打つ方が劣勢は劣勢だけれども、まだ紛れがあった模様。
▲5六角、△5四馬、▲3五歩と桂頭を狙いにいくような手順。
そうかあ。。。

しかしそれでも、チームは4勝3敗で薄氷の勝利。
4連勝!すごい!!



この日、チームとしての結果は、「ねこまど」4勝0敗、「ねこまどタマ」2勝2敗だった。
これでチーム成績「ねこまど」10勝2敗、「ねこまどタマ」6勝6敗。

「ねこまど」は7部リーグ3位に順位を上げ、昇格圏内をキープ。
残り2節。
1日は個人戦なので(全くチーム成績に無関係ではないが)、実質、あと1節。

昇格を意識せずに自然体、なんていうのは、昇格を経験したことのある人しかできないのではないだろうか?
だからこの盛り上がった気持ちごと、盤に向かって良いと思う。
最終節に向けてできる準備を進めよう。
目標への道は、まだ向かっている途中だから。


(記: タナカ @VodkaIceBerg


コメント

このブログの人気の投稿

NEKOMADO 2020 ~社団戦2日目~

令和の一歩

5年目の開幕戦(ねこまど社団戦チーム)